手長えび釣り


前置き

手長えび釣り解説

仕掛けについて

まずは筆者が使っている仕掛けの図を見ていただきましょう。ざっと以下のような仕掛けです。かなりいいかげんな仕掛けですが、これでも釣れます。

以下、仕掛けについて少し解説。

竿

適当な川竿。長さは2m前後がいいかと思いますが、釣り場によってはもう少し長い方がいいことも、短い方がいいこともあるでしょう。釣りやすい長さの竿を使って下さい。

筆者は1.8mの竿を買いました。6段で、しまうと40cmくらいになります。ちょっと硬めです。この竿を買う以前は、500円で買った2.7mの竿の、中と先の2本だけを抜いて使っていました。こちらの方がやわらかくて、えびとのやり取りは楽しめるのですが、細くて握りにくいです。

道具にこだわらなくてもとりあえず釣れるのが、手長えび釣りのいいところですね。

道糸

筆者は2号を使っていますが、たまたま手元にあったのが2号だったというだけで、1号以下でもいいかと思います。

基本的には竿の長さに準じて付けますが、狙ったところに針を落とせる長さに調節して下さい。

おもり

セットで買ったガン玉の中の、一番重いやつを1つ付けています。Bか2Bだと思うのですが、よくわかりません。狙ったところに的確に沈んでくれればそれでいいんです。

浮き

たなごとか、はやを釣るときに使うような、唐辛子浮きを使っています。浮力が弱いので、ガン玉に負けて沈みますが、沈め浮きとして使うので問題ありません。筆者はまだ使ったことがありませんが、中通しのシモリ浮きを5つくらい付けてもいいでしょう。

浮きより下は、針まで40〜50cmくらいにしています。たいてい水深80cmくらいまでのところを狙うので、沈んでいる浮きが十分に見える程度にしておけばいいかと思います。中通しシモリのたぐいならば、3つ目くらいまで沈むように設定すればいいんじゃないかと想像しています。

針は秋田狐3号を使っています。ハリスは自分で結んでいます。面倒なので漁師結びという簡易な方法です。

各種たなご針を使っても釣れました。他には、使ったことはないけど秋田袖、細地袖など、小さい針ならだいたい問題ないんじゃないかと思います。

たなご針を使うと、筆者の場合ちちぶに飲まれてしまうことが多くて困りました。あと、あまり針が小さいとえびを外しにくいです。

飼うために持ち帰る、あるいはリリースするなら、えびを傷つけないよう、返しのない袖スレ針などを使うといいようです。筆者は秋田狐の返しをやすりで削って使用しています。

ハリス

市販のえび針はハリスが0.4号以下のものが多いかと思いますが、筆者は0.8号を使っています。特にこだわりがあるわけではなく、手元にあったハリスの一番細いものが0.8号だっただけなんですが。

ハリス、というよりおもり下の長さは短くていいようです。10cm以下、中には5cmでいいという人もいるみたいです。

えさ

えさはみみず、サシ、赤虫、あとはブラックタイガーなどを使うそうです。

筆者はみみずを使っています。そこいらの土を掘って出てきたみみずを使います。種類にこだわりはありません。お金をかけないことを重視していますので。でも大丈夫、釣れます。

狙う場所

手長えびは浅めの岩場にいるらしいです。テトラポッドが入っているところや、護岸が崩れたところ、岩を入れてあるところなど。それらの障害物の隙間にいるので、短めの竿と仕掛けにやや強めのおもりを付けて、すとんと落としてやるのがいいでしょう。

筆者が釣ってるのはこんな感じのところです。

あたりと合わせ

以下は、諸サイトの手長えび釣りの記事をいくつか読み、実際に自分で釣ってみた上での印象です。所々、正確ではないかもしれませんが、筆者はこう想像しながら釣っている、ということを書いておきます。

えびは魚と違って、えさをくわえたらすばやく泳ぎ去ろうとして針にかかり、浮きが沈む、というようなあたり方はしないようです。まずは落ちてきたえさをはさみでつかんで、自分の住処へ持って帰ろうとするようです。このとき、釣り人視点では、浮きが流れや風に逆らって不自然に動いたり、あるいは沈めていた浮きが少し上がったように見えます。まだえさは食べていないので、当然このあたりに対して合わせても釣れません。

そこで、竿を軽く立ててラインを張るようにします。えびは違和感を覚えます。えさを取られると思うのでしょうか、えさを持ったままで得意のバックジャンプをしようとします。このとき、竿にはっきり手ごたえが出ると思います。この段階でもまだえさは食べていないことが多いようです。そのまましばらく待つか、ほんの少しだけ竿を下げてラインを緩めてやります。そのうち、えびはえさと針を口に運びます。ここいらでまた竿を動かすと、えさを口にくわえたままバックするんじゃないかと思います。このときにうまく針がかかれば、晴れてえびを釣り上げることができます。

釣れないときは

筆者が初めて手長えびを釣りに行ったとき、釣果は手長えび1匹とちちぶ数匹でした。これはたぶんポイントが悪かったせいでしょう。2回目から100mほど下流で釣るようにしたところ、けっこう釣れるようになりました。あまりに釣れないときはちょっと移動してみた方がいいかもしれません。

それから、ちちぶばかり釣れる場合も同じで、おそらくその付近には手長えびがいないと思います。手長えびとちちぶはよく似た環境にいるらしいのですが、同じ場所にはいないようなのです。しばらく飼って観察してみたところ、手長えびの方が気性が荒く、水槽の真ん中に陣取ってちちぶを端へ追いやっていました。「手長えびのいるところには、ちちぶは近づけない」と思われるのですが、裏を返せば「ちちぶが釣れてしまうところには、手長えびはいない」と考えられます。この場合、少しずつ移動しながら釣ってみるといいかもしれません。岩のあっちとこっちで縄張りが違うこともある、という印象です。

潮に関しては、動いている時間帯の方が釣れるそうです。ただ、ポイントによっては水位が上がってきたり下がっていったりしているときはちょっと釣りにくいです。数を釣りたいなら潮の動いているときを狙うのでしょうが、気軽に遊びたいなら潮の止まる時間の前後に釣るのもいいと思います。筆者は満潮少し前の時間によく行きます。


今のところ、これくらいしか書くことがありません。えびさえいれば、何回か試すうちに釣れるようになると思いますので、まずは最小限の荷物で釣行してみて下さいな。